HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年8月

ブログ 2015年8月

痛みは移動する?

腰痛で五十川整体に来院され施術した後に

「腰痛は良くなったけど この頃、肩こりが酷くなった感じです」

と言われる方がいらしゃいます。

それはなぜか?

人間は「一番痛いところを痛いと感じやすく」その場所が良くなってくると次に痛い場所、

「二番目に痛い場所」が痛くなってくるのです。

ですから肩こりが酷くなったのではなく「元から肩こりが酷かった」のです。

それが、腰痛が改善してきたお陰で肩こりが酷いことに気付くようになったのです。

これは、凄く良い兆しで「改善のサイン」、良くなっている「しるし」です。

ですから、痛みの移動は改善の兆しなので安心して施術を受け続けていいのです。

施術を受けていけば肩こりも改善し腰痛、肩こりになりにくい身体になっていきます。

大分市の肩こり・腰痛・頭痛でお悩みの方『五十川整体』にお気軽にご相談ください。

〒870-0924 大分市牧3丁目14-29

五十川整体
 TEL097-551-0911
IMG_03301.JPG




胸郭出口症候群と姿勢(なで肩)

なで肩では、いかり肩と比較すると腕神経叢が絞扼されにくいように感じますが

胸郭出口症候群と診断されることも多いのです。

症例は、成年期の女性で、なで肩であることが多です。

なで肩では、鎖骨は下制し、肩甲骨は外転・下方回旋位、胸椎は屈曲位になって

上位肋骨も下制される。

いかり肩が重力によって、上肢や肩甲帯が引き下げられる力に過剰に拮抗していると考えれば、

なで肩は重力に負け、上肢や肩甲帯が下方に牽引されていると考えることができる。

そのため腕神経叢にも牽引力が加わり、絞扼されると考えられます。

大分市の肩こり・腰痛・頭痛でお悩みの方『五十川整体』にお気軽にご相談ください。

〒870-0924 大分市牧3丁目14-29

五十川整体
 TEL097-551-0911
IMG_03301.JPG

1

« 2015年7月 | メインページ | アーカイブ | 2015年9月 »

このページのトップへ